Posted by at

2006年10月22日

◆グーグルアース「すげぇ!」



息子に「おもしろいもの、見せてあがようか?」と言って、パソコンの前に座らせ、グーグルアースを見せてあげましたら、

「すげぇ!」とびっくり、感動。

確かにこのグーグルのサービスはすごいですよね。はじめに地球を見せて、それから、住所、施設名など、入力した地点に、地球のまわりをぐるっと旋回する感じで接近していく。なんともいえないロマンを感じます。大人でもわくわくしちゃいます。

子どもにとってみると、さながらテレビの戦隊シリーズのヒーローになったような感覚でしょう。

「じゃあ、どこに行きたい?」と聞くと、息子は野球が好きなものですから「インボイス西武ドーム!」

それから、札幌ドーム、ヤッフードーム、ナゴヤドーム、北九州市民球場、東京ドームと全国の野球場めぐりをしました。その後は、グルグル地球をまわって、北極に行ったり、南極に行ったりしてたようです。

使いながら、わずかでもグローバルな視点を身につけてくれたらいいなと思いました。  


Posted by 鷹司 at 16:22Comments(0)日記

2006年10月21日

◆今日の朝はたまごかけごはん



息子の今日の朝食は「たまごかけごはん」。
最近はまってます。

しょうゆをかけすぎないように注意してます。  


Posted by 鷹司 at 09:19Comments(3)日記

2006年10月19日

◆たとめるようになりました。

学校に行く前にパジャマをちゃんとたとめるようになりました。  


Posted by 鷹司 at 21:55Comments(0)日記

2006年10月19日

◆ゆうべの会話



ゆうべ、寝る前のおふとんのなかでの息子との会話です。

私「今日、なんしてあそんだと?」
子「わからん、なんやったっけ?」
私「野球?」
子「Aクンと、どんぐりひろってあそんだ」

(なんでもあそびにしてしまうことに感動)

私「へぇー!どこで拾ったと?」
子「学校にどんぐりの木があると」
私「へぇー、ホント!どこにある?」
子「シーソーのとこ」
私「あー、あるね。何個ぐらいひろったと?」
子「うーん」
私「10個?」
子「もっと」
私「20個?」
子「もっと」
私「えー!そんなにたくさん!」
子「40個!」
私「パパに持って帰ってきてくれた?」
子「んなわけないやん。ぜんぶ生活科でつかったと」

という会話をしてましたら、寝てしまいました。
どんぐりを拾って楽しむ心を大人も忘れないようにしたいです。  


Posted by 鷹司 at 09:07Comments(0)日記

2006年10月18日

◆「モッタイナイ」YouTubeでアップ!



最近何かと話題のYouTubeを使い、動画をアップしてみます。

アップした動画はワンガリ・マータイさんが出演された今年3月18日放送の「世界一受けたい授業」。「もったいない」という日本語を世界に広めようとされるご努力に深く感銘。

私も、子ども達に、この「もったいない」の思想を伝えようと日々努力しています。

動画はこちら  


Posted by 鷹司 at 02:08Comments(2)日記

2006年10月17日

◆寝顔

インターネットを見てましたら、「寝顔」と題する下記のような詩がありました。

「寝顔」  作:さくら

安らかに眠る君の顔は、
目覚めている時より安心した顔。
君は、これからどんどん大きくなって行く。
目覚めてる時は、笑顔がいいな。。。
もっとたくさん笑ってね。たくさんお喋りしてね。
そうやって、周りの人たちは、あなたから、
たくさんの力をもらうのです。
明日も元気で来てね。

我が家では、小2の息子の就寝時間は22時です。主として、私が寝かせつけます。22時前に床につければ、本の読み聞かせをしてあげます。22時を過ぎると、読み聞かせはなし。

実際に目を閉じて眠ってしまうのは、それから10分~15分後。その間、息子が私の耳をさわったり、逆に私が息子の頬をなでながら、クスクス笑いあったりして、とても癒されるひとときです。

寝入ってしまいますと、「やっと寝たぜ」とほっとした気持ちとともに、ちょっぴり寂しい気持ちになるときもありますね。

また、寝顔を見ているとき、これもまた至福のひととき。穴があくくらい5分ほど、じーと見ていても飽きないから不思議です。

疑うことをしらない寝顔。安心しきって、信じきって、眠っているその姿になんともいえない幸福を感じます。

本当に「子ども」というのは、かわいく、美しく、神々しいものです。  


Posted by 鷹司 at 00:38Comments(1)日記

2006年10月16日

◆いじめ自殺、担任の許せない言動!

福岡県筑前町の町立三輪中学校2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺するという大変悲しい事件が起こりました。

報道によれば、1年生の時に、両親が担任に相談した内容を、担任が暴露!これによって、不本意なあだ名がつけられ、いじめが徐々にエスカレート。担任もこの亡くなった生徒を「偽善者」「うそつき」呼ばわりしていたとされています。しかも、「からかいやすかった」とも述べているといいます。

何という、恐ろしい人権感覚でしょうか。

この教師は47歳というベテラン教師で、学年主任も務めているとのこと。今までの教員生活で何を培ってきたのか、疑問とともに、怒りを抱かずにはいられません。

クラスの生徒の自分に対する求心力を高めるために、一人のか弱い生徒を、守るどころか、利用した。なんというズルさ。卑怯さ。

両親に「一生をかけて償います」とわびたとのことですが、もうこの教師には、教員を続ける資格は100%ない、と私は思います。

「いじめ」というものは、いじめる側が100%悪いと思います。ましてや、教師が自分の教え子をいじめるなどというのは、絶対にあってはならないと思います。

この死が絶対に無駄にならないように、私たち大人は、自分の生き方を見つめなおし、「子どもを守る社会」を目指して、身近なところから努力していきたいと思いました。  


Posted by 鷹司 at 15:57Comments(1)日記

2006年10月16日

◆ビデオ編集、明け方まで

妻が出張で撮影してきたビデオを、編集してほしいと頼まれました。
約1時間半あるビデオを、20分にまとめる作業。
編集するには、元の1時間半の映像素材全部に目を通し、どこを使うかを判断しないといけません。それを取り出し、切ったり、つなげたり、それにBGMをつけたり、スーパーを入れたり。

作業はアドビ社のプレミアを使ってますが、以前使っていたビデオスタジオよりも、作業が簡単で、時間も短縮され大変重宝してます。

ただ、おもしろいことはおもしろいのですが、結構大変な作業です。

2週間くらい前から作業にかかっていて、あらかた編集はできていたので、パパっとBGMとスーパー入れをして、データ書き出しをしてみますと、BGMのレベルが高すぎて、ノイズがひどく、再度、BGMのレベル調整をし、また、元映像のノイズがひどい部分を削除する作業をせざるを得なくなりました。

結局、土曜日の夜11時からはじめた作業が終わったのは明け方の4時半。

この年になって、ほぼ徹夜の作業というのは、体にこたえますね。日曜日の起床は12時。一日、何もする意欲がおこらず、ボーっとした一日になってしまいました。

妻と試写をしましたが「すごーい!」と喜んでくれましたので、何より!妻の仕事のサポートは、私にとりましては、重要なテーマですので、その部分での達成感はありました。

  


Posted by 鷹司 at 09:25Comments(0)日記

2006年10月12日

◆不運!ホークス

ホークスの今年が終わりました。日本ハムとの第2戦、9回裏、一瞬の幕切れ。

テレビに映し出された、マウンド上でがっくりと膝を落としナインに抱きかかえられベンチに引き上げる斎藤投手の姿、レフトの守備位置で仁王立ちになって、唇をぎゅっとかみしめる松中選手の姿が印象的でした。

エースと4番。二人はあのとき何を思ったのでしょう。

忘れられない光景でした。思わず目頭が熱くなり、胸がしめつけられるようでした。

3年連続プレーオフ敗退。

思えばホークスはなんと不運なチームなのでしょう。昨年はプレーオフ前に城島を骨折で欠き、今年は王監督が病でチームを離れました。ここ数年、相次いだ主力選手の流出も・・・。

また、思えば、今年は春のWBCワールド・ベースボール・クラシックが大きくプロ野球のレギュラーシーズンに影響を与えた一年だったと思います。

王監督もその疲労がたたって入院。全試合4番の松中もでん部の故障。最も多くの選手を出したロッテの不振。巨人の上原もそうです。振り返ってみれば、WBCの影響をさほど受けなかったがゆえに日本ハムは優勝できたともいえましょう。

ホークスは、チームとしては満身創痍、戦力の大幅低下のなか、よくぞ今日まで戦ってくれたと思います。第1ステージの戦いぶりは本当に感動を呼ぶみごとなものでした。

ただ、最後に運がちょっぴり足りなかった。

これで、しばらくは1試合、1イニングの動向に一喜一憂することもなくなります。選手の皆さんも、シーズン戦った疲れを抜いて、元気になって、来年また、私たちに楽しみを与えてほしいと思います。

ホークスの選手の皆さん、本当にありがとう!胸を張って福岡に帰ってきてください!

WE=HAWKS!

  


Posted by 鷹司 at 22:33Comments(0)日記

2006年10月10日

◆野球盤



「野球盤」-なつかしい響きです。

私も小学校時代に、おじに買ってもらって、家で、父や友人たちとやってました。
息子が欲しいということだったので、買いまして、やってましたら、結構はまりました。

息子はホークス、私が西武になって、インボイス西武ドームを想定して対戦。

打席が左右変えられるものですから、息子は「1番、ショート、川崎」「2番、センター、大村」といいながら、打席を一人ずつ変えながら、私が少し遅めに投じる球をヒット、ヒットの連続。

逆に私は、息子が、投じる剛速球に空振り三振の山。

結果は「30対2」で、プレーオフ第3戦同様、ホークスの圧勝でした。

今夜は「ホークス対ファイターズ」のシュミレーションをやってみようかな。  


Posted by 鷹司 at 15:18Comments(0)日記

2006年10月08日

◆甘やかさず、甘えさせる

香川大学大学院・藪添隆一教授の親子のあり方についてのアドバイスです。

******************************

私は「甘やかせず、甘えさせる」という親子関係が大切だと訴えています。

「甘やかす」とは、子どもが要求していないことを親がサービスすることです。その真ん中にあるのは、あくまで「親の気持ち」です。

逆に「甘えさせる」とは、子どもの要求に喜んで応じることです。たとえば、「ほめて」と言っているときに、喜んでほめてあげるなどです。子どもの自発的な気持ちの表現に沿っていくものです。

もちろん、親が心の底から子どもをほめたくなったときは大いにほめていただいて結構ですが、いわれないうちから何でもかんでもほめていると、いつもほめられていないと不安定な子どもになることがあるので、注意が必要です。  


Posted by 鷹司 at 18:18Comments(0)日記

2006年10月07日

◆ヤッフードームのパブリックビューイング



今日、息子と、息子の同級生とともにヤッフードームのパブリックビューイングにいって来ました。

結果は1対0の惜敗。明日負ければいよいよおしまいというところまで我がホークスは追いつめられました。どうか悔いなく、戦いきってほしいですね。最終盤に来て、公式戦を含めて7連敗ですね。このままだと来年にきっと影響しますよ。来期につながる戦いをお願いしたいものです。

はじめてパブリックビューイングというものに行きました。来場者は1万人はいなかったと思います。ネット裏席を中心に左右ダッグアウト上まではいかないぐらい、約2000人ぐらいかな。

応援団の方がリードしてくださって、ホームゲームのライトスタンドのような盛り上がりでした。7回表には歌が流れてジェット風船も飛ばしました。子供たちは結構楽しんでくれたようです。

勝てば、花火とルーフオープンショーもあるはずだったのですが、残念でした。明日の戦いに期待しましょう。  


Posted by 鷹司 at 16:39Comments(0)日記

2006年10月07日

◆父親の子育て十カ条

インターネットで「子育て」「父親」「ブログ」で検索してましたら、発見しました。
これはすばらしいです。夕刊フジに出ていたそうです。

一、必要以上に厳しくしない。のびのびと育てる
二、命にかかわることは、理屈なく叱る
三、社会に迷惑をかけたらその場で叱り、親も謝る
四、命の大切さは、抱きしめることで教える
五、条件つきの愛情を与えない
六、自分の子供のころと比較しない
七、人生のレールを先回りして敷かない
八、自分の信条を勝手に押し付けない
九、子供の興味ある事物に関心を示す
十、妻子を笑顔で見守り、フォローする  


Posted by 鷹司 at 07:47Comments(1)日記

2006年10月06日

◆なんとか無事に

今朝はなんとか無事に子供二人を学校に送り出すことができました!

上のお姉ちゃんは部活で、6時に自分で起きて、私はまだ寝てましたが、自分で朝ご飯も食べて出て行きました。(結構しっかりしてる!)

息子には卵かけご飯。水筒、ハンカチ、ちり紙を危うく忘れそうになりましたが、なんとかセーフ。

私はこれから大分へ出張です。  


Posted by 鷹司 at 09:46Comments(1)日記

2006年10月06日

◆「子どもが犠牲になっている時代状況を変えたい」

今日、教育関係の仕事をしている方と、今の時代状況について語り合う機会がありました。

私たちの一致点は「子どもが企業の金儲けの手段にされている」また「子どもたちが大人の欲望充足の手段にされている」ということでした。

企業の作り出した携帯電話で悪の道に誘われ、テレビゲームによって生きる力を奪われ、結果、目の輝きを失っている子どもたち。親たちはなすすべがないのが現状。

本当にそうだと思います。何にもまして、この世でもっとも大切なものは「子ども」だと私は思います。そのように発想する社会のムードを何とか作りたい。そのために私たちが何かできることはないだろうか、と議論しました。

ひとつの視点として、いかにして企業の発想の転換を促すことができるか、ということがあると思います。

平成に入ったころ、環境問題に社会が関心を向け始めました。そして、どの企業も「私たちは環境を守ります」とオウムのように言葉を発した。当時はこれでよかったのですが、今はそうはいきません。企業として、具体的にどのように環境を守ってきたのかを示さなければ消費者はその企業の製品を買ってくれません。「ロハス」といわれる、環境と健康重視のライフスタイルを目指す人たちが増えたことが原因です。

今、企業は環境を守るために経費を使うことに何の抵抗もなくなってきています。それが長い目で見たときに、その企業の生き残りのためには不可欠だからです。

同じように、今、「子供の問題」が取りざたされているなかで、企業が「私たちは子供を守ります」と宣言し、子供を守り、育むための運動に積極的に取り組んでいく流れができればと思う次第です。

そのためにはまず企業で働く男性、つまり父親がもっと家庭、自分の子供に目を向けることだと思います。残業をよしとするのでなく、社員が早く帰宅して、子供たちと接する時間をもっと増やせるようにすること。そして、男性の育児休暇が堂々と取れる社会のムードをつくることが大事だし、それが、少子化の対策、女性の社会進出を促すことにもつながっていくと思います。

そのために何ができるかをこれから考えていきたいと思います。

また、皆さんの知恵を結集して、子供が大切にされる社会、子供がもっともっと光り輝く社会、仮称「チャイルドファースト社会」を築いていきたいと思う次第です。  


Posted by 鷹司 at 00:12Comments(0)日記

2006年10月04日

◆ミクシーはじめました。

ミクシーをはじめました。すごい勢いで普及していて、消費動向にも大きな影響を与えているとのこと。仕事上、知っておかないとと思いまして。

自分のページに2時間おきぐらいにいろんな方が足跡を残していくわけですが、それが誰かというのが、いちおう「プロフィール」を見ればわかるわけですね。どんな人が来るのだろう、と楽しみになって、よくチェックしてしまいます。

莫大な数の、テーマもきわめて多岐にわたる「コミュニティ」には驚嘆!

取り急ぎ、子育てに関するもの、広告に関するものに入ったら、いつの間にか52個にもなってしまいました。2チャンネルとは対極の良質な掲示板、という印象です。

でも全部チェックするのは大変。そんなことやっていたら何もできません。

所属のコミュニティに新しい書き込みがあれば、マイページでわかるので、そこをざっとチェックする程度。携帯でもチェックできるので、仕事中にちょっと時間があけばチェック。おかげで携帯のバッテリーが減るのが早くなりました。

コミュニティのなかにはメンバー数が1万人も超すものもあります。あまりメンバー数が多いコミュニティに入るよりは、人数が多くないコミュニティで、深い交流ができたほうがいいかなとも思います。

最初、ソフトバンクホークスのコミュニティに入りましたが、あまりに書き込み通知が多いので、退会しました。

卒業した高校のコミュニティがあって、さっそくメンバーになって同期に呼びかけたら、応答があり、懐かしい交信ができました。これはよかったですね。

結構ハマリそうです。

  


Posted by 鷹司 at 22:52Comments(1)日記

2006年10月04日

◆明日は妻が不在!

明日は妻が仕事の出張で不在!
やや心配だが、がんばるぞ!

私「ママ、明日、何時に出て行くと?」
妻「7時すぎ!」
私「はや!」

妻が息子に向かって、「ママがいなくてさみしくない?」
息子「ぜんぜん」
妻「え?」

でも、本当はさみしいんだよね。強がる息子でした。  


Posted by 鷹司 at 21:16Comments(0)日記

2006年10月03日

◆タイのなぞなぞ

今、西新パレスで開催されている「世界の絵本展」に行ってきました。そこにこんななぞなぞが書いてありました。

①他人にやればやるほど、自分にも増えるもの、なんだ?(タイ)
②いくら振りまいても、なくならないもの、なんだ?(タイ)

皆さん、答え、わかりますか?

①は「しあわせ」、②は「笑顔」です。

タイの人は、いいなぞなぞを考えますね~。  


Posted by 鷹司 at 23:18Comments(0)日記

2006年10月03日

◆プレーオフ

久しぶりの更新になりました。またこれから頑張ります。

10/7からいよいよプレーオフ!10/7は息子とヤッフードームでのパブリックビューイングに行こうということになりました。
息子「券買ってきた?」
私「いや、お金がなくなってくさ、買えんやったったい」
息子「じゃあ、あした買って来て」

今日ローソンチケットに行こう。  


Posted by 鷹司 at 08:29Comments(0)日記

2006年07月23日

◆さっそく自転車の練習!

やはり日曜日朝から自転車の練習につきあわされました。

練習だけでなく、あちこちに興味があるのか明るいのにライトをつけたり、けしたり。鍵をかけたり、解除したり。ベルをならしたり、ペダルを回してみたり。

本人は「はやく補助輪なしで乗れるようになりたい!」と大変意欲的です。

そういえばアップルコンピューターのスティーブン・ジョブズ氏がマッキントッシュを開発したときのコンセプトが「はじめて自転車に乗れたときの感動」だったといいます。

頑張れ!息子!  


Posted by 鷹司 at 10:40Comments(0)日記