2006年11月04日

◆自転車の練習

今日は息子と自転車の練習。

この数か月でまわりの友達はけっこう補助輪なしでのれるようになってました。

我が家もがんばらねば!


同じカテゴリー(日記)の記事画像
「あっためちゃろうか」
ブロックで家づくり
「子どもには、イエスよりもノーを」
夜回り先生の提言
おりがみ
息子の作品
同じカテゴリー(日記)の記事
 父親が子育てしやすい会社、日立がトップ、2位は帝人 (2007-04-17 22:27)
 「あっためちゃろうか」 (2007-04-17 08:05)
 ブロックで家づくり (2006-12-02 14:27)
 「子どもには、イエスよりもノーを」 (2006-11-26 23:44)
 子どもは「忘れる天才」 (2006-11-25 12:37)
 娘にあやまる。 (2006-11-18 15:37)

この記事へのコメント
コーチングの大阪の伊藤です。
私も小学2年ごろにこけて何回か大怪我をしそうになりながら
乗れるようになった記憶があります。よく、自転車に乗れるとい
うことはどういうことかなと思っています。乗れないときと乗れる
ときの境はどこにあるのか?
乗れないときは傾いたら、こうすると頭で考えていたと思うので
すが、乗れるときは体で覚えているのですかね?
私のコーチングの師匠(?)は、コーチングはいろいろなスキル
でクライアントを扱うのでなく、センスを身に付け自転車に乗れ
るがごとく対処するべきと良く話します。本当に身に付けないと
相手に伝えられないのかなとも思っています。
息子さんの話から変な話で恐縮です。
それでは。
Posted by 伊藤典一 at 2006年11月06日 21:31
コーチングの大阪の伊藤です。
私も小学2年ごろにこけて何回か大怪我をしそうになりながら
乗れるようになった記憶があります。よく、自転車に乗れるとい
うことはどういうことかなと思っています。乗れないときと乗れる
ときの境はどこにあるのか?
乗れないときは傾いたら、こうすると頭で考えていたと思うので
すが、乗れるときは体で覚えているのですかね?
私のコーチングの師匠(?)は、コーチングはいろいろなスキル
でクライアントを扱うのでなく、センスを身に付け自転車に乗れ
るがごとく対処するべきと良く話します。本当に身に付けないと
相手に伝えられないのかなとも思っています。
息子さんの話から変な話で恐縮です。
それでは。
Posted by 伊藤典一 at 2006年11月06日 21:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。